糖尿病の人のバレンタインのプレゼントで彼氏の場合のおすすめは?  

皆さんこんにちは。

寒くなりそろそろバレンタインが近づいてきましたね。

2019のバレンタインはどうしたいですか?

バレンタインをどうしたらいいか決められない場合ってありますよね。

例えば、糖尿病の彼がいる場合!

どうすればいいのか悩みませんか?

大切な彼だから何かはしてあげたい。

でも、糖尿病の彼のプレゼントはどうしたらいいの?

悩んじゃいますよね。

糖尿病の人の場合バレンタインのプレゼントはどうしたらいいの?

そもそも糖尿病の人の場合バレンタインはチョコレートでいいのか?

プレゼントをあげたほうがいいのはわかっていても皆はどうしているのか?

あげたほうが迷惑になる場合もあるのか?

どうなんだろう???

悩んじゃってこのブログにたどり着いた人も多いんじゃないですか?

私の夫が糖尿病なのですが付き合っているときやっぱりそう思って聞いてみたら「プレゼントは欲しい」との答えでした。

でも、普通のチョコレートは食べれないので一工夫必要ですよね。

「もらうのはプレゼントなら全然めいわくじゃない」とのことでした。

当時、これは何かあげねば!と思ったものです。

お父さんも糖尿病だったのでどうしていたか聞いてみたら会社の義理チョコは家族が食べていたとのことでした。

そうかあ、やっぱり本人は普通のチョコレートは食べないのかあと思ったものです。

糖尿病の彼氏のバレンタインはどうしたらいい?

チョコレートがいいのか他のものがいいのか。

人によって分かれるところで本人に聞くのが一番かもしれませんが。

他の物の場合バレンタインなのに誕生日みたいになってしまいますよね。

バレンタインはやっぱりバレンタインなのでやっぱりチョコレートをあげたいなと当時の私は思いました。

彼に聞いてみたらやっぱりチョコレートが欲しいとのことでした。

糖尿病でもチョコレートが欲しいんだな世間から仲間外れになるような気分になるのかなと当時の私は思ったものです。

そこで、他のプレゼントをあげることも検討していたのですが却下しました。(笑)

でも、人によってはチョコレート以外のものがいい場合もあると思うので両方について書いてみますね。

糖尿病の彼氏がバレンタインで本当に喜んでくれるには・・・どんなプレゼントがおすすめですかね?

どんなチョコレートやその他別のプレゼントがあるのか次の章でみていきましょう。

糖尿病のバレンタインのおすすめは?

チョコレートの場合

糖尿病の彼のチョコレートの場合は無糖、低糖と言われているものが今は出ているのでそれを選びましょう。

また、軽い糖尿の場合はカカオ豆から抽出したプロシアニジンに寿命を延ばす効果があると言われています。

それを踏まえたうえでダークチョコレートもいいかもしれません。

こちらのホームページ(江部先生の通販)は糖質制限したチョコやケーキを通販でやっています。

http://www.toushitsuseigen.com/products/detail76.html

あと、こちらのシャトレーゼも糖質制限したスイーツが通販であります。

https://www.chateraise.co.jp/onlineshop/online/itemcatelist

チョコレート以外のプレゼント

バレンタインにちなんでチョコレート色したマフラーや文房具がおすすめです。

チョコレート色したセーターとかもおしゃれでしょう。

まとめ

糖尿病の彼を持っても工夫次第では彼に喜んでもらえるやり方はたくさんあります。

あと、最後にプレゼントには手書きのカードを添えてあげましょう。

あなたからの心のこもった手書きカードはきっと彼もプレゼント以上にうれしいはず。

どうでしたか?

あなたと彼のバレンタインが、ハッピーバレンタインになりますように!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です