ル・プチモンド 遠くからも買いに来るパン屋

府中市にあるパン屋である。
西府の、OKストアの裏側にある。店の前は、駐車場のため、広く取られているが、中は狭い。
月・火曜日が定休日。営業時間は、11:00~13:00、14:00~19:00。ただし、売切れ次第終了。駐車場3台あり。

小麦は、九州産を使っているという。
どれもおいしいのだが、お勧めは、食パン。
やわらかくて、食べやすい。

パン屋なのに、注文によっては、ケーキも作るという。

お店はかなり小さいが、中味は濃い。

ご主人の経歴をネットで調べたが、載っておらず・・・。
このようなおいしいパンを作る方は、どこで修行してこられたのか、大変気にる・・・。

小さいお店なので、外で待たされることもあるよう。
店内は、三人も入れば、いっぱいになる。

国産の小麦を使い、ここまでの味を出せるとは、腕がかなりいいのだろう。
国産の小麦を使う場合は、北海道はおいしい場合が多いが、他はかなり厳しい場合が多い。
国産だから、安心とか、おいしい時代は過ぎたのだ。
国産の小麦は、スカスカのパンになる場合も多いのだ。
フランス産の粉を使うと、中味も重厚になる場合が多い。
粉自体に味があるからだ。それは、日本とは土壌が違って、天候も違うので、そうなるのだ。
だから、イルプルの弓田さんは、よほど吟味しないと、日本の食材で、フランスの味を再現するのは難しいといっている。

ここのル・プチモンドさんは、府中の駅近くでされていたのを、惜しまれつつ閉店。しばらくして、西府のパン屋として、再デビューした。

以前からのファンも多いらしく、開いた情報を聞いては、訪れる客が後を絶たないという。

そのため、売り切れて、早めに閉店する日も多く、買いに行くなら、午前中がねらいめ。休み時間を避けるように考えて、行動しよう。

電話にもなかなか出れないほど忙しく、少数精鋭でやっておられるようだ。

府中の駅近くでされていたときから、おいしいと評判で、TOHOシネマに寄ったときは、必ず寄るという人も多かったそうだ。
府中のおいしいパン屋として、定着していたそうだ。

西府に来たときは、こんなところにパン屋があるなんてという立地だったが、今では、すっかり、西府のパン屋としての
地位を築いている。

わざわざ、遠くからも買いにこれるように、駐車場も三台もあるのだから、利用しないてはないだろう。
開いた当初は、近所に新しいパン屋ができたとしか認識がなかったのだが、府中に根付いたファンも多いことを知り、改めて、おいしさを噛み締めようと思ったしだいである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です