声かけ不要バッグでアパレルのうざいのや販売の声かけが減る?

皆さん、声かけ不要バッグとはご存知ですか?

アーバンリサーチが一部の店舗で使用し始めたそうです。

そのバックを持っていると店員さんから声かけ不要とみなされて声がかからないとのことです。

これなら、無駄な声かけでせっかくの買い物が中断されてしまうものも防げるし何しろアパレル特有のうざい声かけや販売の声かけが減ります。

買い物している途中に店員さんから声をかけられてめんどくさいなとか今は声かけないでほしいよと思った経験は誰でも一度や二度はあるはず。

そんなあなたの悩みを解決しちゃうのが声かけ不要バックなのです。

ただ、声かけ不要バッグを持つ勇気もない人はどうしたらいいかの問題も残ります。

今後は買い物中は声をかけないでほしい人は全員が持てるくらい浸透していけばいいですね。

声かけ不要バッグ

こちらができたと聞いたときなんてよいものができたんだろうと思いました。

私も買い物途中は声をかけないでもらってゆっくり選びたい派。

わざわざ言わなくても持っているだけでサインになるこのバックの登場に喜んだ人も多いのでは。

今後はアパレルに限らず、デパートなど買い物する場所には「買い物袋不要カード」くらいに浸透するといいですね。

どの店舗でもやっていればゆっくり買い物ができますね。

でも、みんながバッグもっていたらその時店員さんは…???

どうしたらいいんでしょうね。

静かな店舗が出来上がるんでしょうか。

アーバンリサーチは店員さんの数よりも客が5~10倍だそうです。

全てのお客さんに声かけできるわけではないのでこちらのバッグを導入し店員さんも効率的に声かけしようとしたようです。

ただ、これはこちらから(客から)は声をかけてもいいというものなので迷うときありますよね。

最後の決めるのにどうしても店員さんの一押しが必要な時などはこちらから声かけができます。

本当に声をかけてほしい人だけに声がかかるというのはいいですね。

アパレルの声かけはうざい!?

声かけ不要バッグを持って行動するってなんかすごい日本人ぽいという声も。

アーバンリサーチではないが全員もってほしいという店員さんの声も。

全員もってもらうと店員さんが心置きなく作業できるし無理やり声かけなくていいから作り笑顔もなくなる~とのこと。(笑)

結局のところ、そのお店のスタイルや価値観にかかわっていると思います。

アパレルの販売の声かけは必要??

店員さんに話しかけられると即興で嘘やでたらめを言ってしまう人もいます。

その場で思いつくのがすごいですね。

ある意味こういう人が逆に店員に向いているのかも。

店員用の「残業〇時間越えました。辛いのでお問い合わせはご遠慮願います」みたいな腕章が欲しいという人も。

店員さんのほうも苦労しているんですね。


このバック、八割の人が肯定しています。

残り二割の人は「寂しい」とか「店員と話しながら買い物したい」

ということです。


万引き防止のために声をかけているという店舗もあることから全店舗に導入されるという事は難しいのかもしれないです。

まとめ

声かけ不要バッグ、私はいいなと思いました。

肯定派です。

販売員の存在価値が否定されているという声もあることから否定派がいるのは否めないです。

声かけから購入につながるきっかけづくりにもなることから声かけ賛成派もいるのです。

あと、声をかけることによって店の機材を壊されたりとかの事故も防止できるというので声かけ賛成派の少数意見も貴重かもしれません。

ネットで買い物する人は接客が面倒という人も多いことから今後この動きは広まっていくのではないでしょうか。

店員に追いかけられているような気分になったという声をかけられた人もいます。

お客がゆっくり買い物するためにもこの制度を導入してくれる店が増えるといいなと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です