インドネシアコーヒーコピルアクの販売場所東京では?ベトナムのは? 

皆さんこんにちは!

幻のコーヒーと言われている「コピルアク」て知ってますか?

私は知らなかったのですが夫が買ってきたので紹介しますね。

インドネシアのスマトラ島でとれる世界一高価で希少なコーヒーと言われています。

ジャコウネコの糞を洗浄乾燥させ焙煎して作られるそうなんですがその量も少なくて珍しいことから幻のコーヒーと呼ばれているんだって!

インドネシアのコーヒー、コピアルクとは?

主にインドネシアで採れるそうなんです。

夫が買ってきたのは「ワハナ農園」より入荷したそうです。

一匹づつ広めの部屋で育てられエサも肉類は一切なしでフルーツとコーヒーチェリーのみとか。

なんだか特別な感じがしちゃいますね。

しかも食べてるのが安全で新鮮な感じ。

そんなコピアルクなのですがそんな貴重なのに入荷が途切れることはないようです。

少数ながら少しづつは入荷されていて貴重なコーヒーとして嗜好できるそう。

嬉しいですね。

飲んでみたら、味はさらっとしていて飲みやすい。

多分みんなが心配する糞の臭みとかえぐみとか飲みづらさがないんです。

本当にびっくりしちゃいます。

さっぱりしていて飲みやすいです。

おいしいかおいしくないかと言えばおいしいです。

うん、うん、珍しい味がするので貴重なのもわかる。

納得の1杯です。

肉類を食べてないせいかベタベタした感じとか肉食特有のコッテリ感とかもない。

こんなコピアルク。

東京ではどこで販売しているのでしょうか?

コピアルクの販売は東京ではどこ?

豆を買いたい人もいるかもしれないし喫茶店で飲んでみたいという人もいるかもしれないのでそれぞれに紹介しちゃいますが。

まず、豆を買いたい人は楽天などの通販で買えます。

喫茶店で飲みたい人は帝国ホテルだと5000円もするとか。

ものすごいコーヒーですよね。

他には カフェ横浜珈琲物語(羽田空港国内線ターミナル内)

シマダカフェ(神楽坂)

カフェ分福(高円寺)

預言カフェ(高田馬場)

ザ・リッツカールトン東京ザ・ロビーラウンジ&バー(六本木)

などで飲めます。

値段は安くて2000円くらいからです。

いかに貴重で手に入りにくいかが値段にも現れているといえるでしょう。

飲み方は粉の場合は直接お湯を入れて飲みます。

豆の場合は豆を挽いて飲みます。

こんなコピルアクですがインドネシアだけでしか原産国はないのでしょうか。

なんと、ベトナム産もあるんです。

ベトナムのコーヒーコピルアクは?

ベトナムのコピルアクは偽物も多いそうです。

リスからとれるものがあって、それをコピルアクと言って売っているそうです。

嫌ですね、偽物なんて。

本物もあるそうなんですがやはり高価になって手に入りにくいそうです。

日本でもあまりに安く飲める場合は偽物かもしれません。

また、動物のフンからとれるということで菌などは大丈夫か心配される人もいるそうですが焙煎されているから大丈夫だそうです。

糞と聞くと一瞬「えっ」て思いますよね。

「ウンチコーヒーかあ」

と始めは思ってしまいました。

でも、飲んでみると上品な味でしたが。

私としては帝国ホテルの喫茶店でゆっくり5000円もするコピルアクを飲んでみたいものです。

高級感あふれるホテルで希少なコーヒーを堪能してみたいなあと思います。

その時に人は何を思うんでしょうかね。

一度試してみたいものです。

まとめ

幻のコーヒー、コピルアクの紹介はどうでしたか?

私には糞のコーヒーなんて飲めないとか一度は飲んでみたいとかいろいろ感想があるんではないでしょうか。

楽天などでは比較的手軽で手に入るので試してみるのもいいかもしれません。

意外に飲みやすくてびっくりするかもしれません。

本物の味って試してみないとわからないものですからね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です