高麗神社お焚き上げ・ご利益・御朱印について

【高麗神社】

「高麗神社(こまじんじゃ)」とは「埼玉県日高市新堀833番」にある神社。

高麗神社は高句麗遺民によって守られて来た神社です。2016年は高麗郡創設1300年の記念の年で長い歴史があります。
政界・出世街道を歩みたい人から信仰される神社でもあり、近代では政治家の参拝も多く、参拝直後に総理大臣に就任する政治家が6人もいたことで有名で「出世明神」としても広く知られるようになりました。

今回はそんな高麗神社の「お焚き上げ」「ご利益」「御朱印」について紹介していきます。

【お焚き上げ】

お焚き上げとは、1年間お世話になった御守りや正月飾りなどを小正月の1月15日前後に神社やお寺に祈祷や読経を依頼して手放すおこないのことです。現在では、遺品や思い出の品など対象が拡がっています。

では、高麗神社でのお焚き上げはどのような手順で受付をしてもらえるのでしょうか。

毎年1月1日に「元旦祭」が行われています。
元旦祭では1年の平安を祈願し、その際に古いお札やお守りのお焚き上げが行われます。

お守りなどの引き取りは納札所で行っています。木の箱がおいていますのでそちらに返納をするとお焚き上げしてもらえるようです。

【ご利益】

次に、高麗神社にはどのようなご利益があると言われているでしょうか。

高麗神社は高句麗からの渡来人である高麗王若光(こまのこきしじゃっこう)を主祭神として祀る社です。他に導きの神である猿田彦命(さるたひこのみこと)、長く朝廷に仕えた武内宿祢命(たけのうちのすくねのみこと)が祀られています。
高麗氏は1300年に渡り家系血脈が続いているため、子孫繁栄・子授け祈願・安産・などのご利益があるといわれています。
そして冒頭でもご紹介したように多くの政治家が参拝し次々と総理大臣に就任したことから「出世開運」のご利益を授けていただけるといわれています。

そんな高麗神社のパワースポットをご紹介します。

・将軍標(チャンスン)
一の鳥居をくぐり参道右手に見えるのが将軍標です。朝鮮半島で見ることができる道祖神で、邪気・災厄の侵入を防ぐ魔除けの効果があると言われています。

・狛犬
二の鳥居をくぐると2匹の狛犬が見えてきます。ここで大きく深呼吸するとパワーがもらえるようです。

・御神木
参集院手前にある樹齢300年の彼岸桜と檜が御神木です。気が強い場所とされているので是非、拝んでみましょう。

【御朱印】

次に高麗神社の、御朱印の料金、頂ける場所、時間についてご紹介していきます。

御朱印代:500円
場所:授与所(拝殿右側)
時間:午前8時30分〜午後5時

高麗神社の御朱印は季節に合わせて草木の印を捺しています。草木の印は全部で14種類あり、全種類集めるとご神紋の金印を押して頂けるようです。
そして、その他にも水天宮の御朱印(書置き御朱印)や「奉祝 天皇陛下御即位三十年」印が押された特別な御朱印(書置き御朱印)も頂けるようです。

あとは特別御朱印として観月祭特別御朱印や例祭特別御朱印などが頂ける時期があるようなので、最新情報をご確認下さいね。

【終わりに】

今回は高麗神社の「お焚き上げ」「ご利益」「御朱印」についてご紹介させていただきました。

<この記事のまとめ>

・お焚き上げはお守りやお札のみ
・ご利益は子孫繁栄、子授け祈願、安産、出世開運
・御朱印の受付は午前8時30分〜午後5時
・季節に合わせて草木の印を捺していて、全種類集めるとご神紋の金印を押してもらえる

高麗神社は参拝直後に総理大臣に就任する政治家が6人もいたことでご利益がすごい!と言われている有名なパワースポットです。
御朱印も他の神社とは少し変わったもので季節によって印が変わるのが素敵です。
是非一度パワーをもらいに行ってみてはいかがでしょうか?

最後まで読んでいただきありがとうございました。

<高麗神社へのアクセス>

・電車を利用の場合
高麗川駅から徒歩20分
西武線高麗駅から徒歩45分

・車を利用の場合
狭山日高IC 約15分
(350台の駐車場があり無料)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です