箱根神社お焚き上げ・ご利益・御朱印について

【箱根神社】

「箱根神社」とは「神奈川県足柄下郡箱根町元箱根80-1」にある神社。

箱根神社は、芦ノ湖に朱の鳥居と富士を映す素晴らしい自然に抱かれた神社で、源頼朝や徳川家康など歴代の武将、大物政治家たちが参拝に訪れてきた関東屈指の名社です。

箱根山には古来から山岳信仰があり、創建757年の箱根神社はその中心として信仰されてきて、神の宿る山ともいうべき由緒ある神社でもあります。

交通安全や開運厄除など運開きの神様としても信仰されていて全国各地からたくさんの参詣者がお参りに訪れます。

今回はそんな箱根神社の「お焚き上げ」「ご利益」「御朱印」について紹介していきます。

【お焚き上げ】

お焚き上げとは、1年間お世話になった御守りや正月飾りなどを小正月の1月15日前後に神社やお寺に祈祷や読経を依頼して手放すおこないのことです。現在では、遺品や思い出の品など対象が拡がっています。

では、箱根神社でのお焚き上げはどのような手順で受付をしてもらえるのでしょうか。

古いお守りや、お札などは御社殿向かって右側、納札所にて引き取ってもらうことができます。人形やガラスケース等は引き取ってもらえないので注意して下さい。納める時には神恩感謝の真心を込めてお参りしましょう。

納札所については、正月期間中は普段と場所が違うようなのでそちらも注意が必要です。

【ご利益】

次に、箱根神社にはどのようなご利益があると言われているでしょうか。

箱根神社は勝負運に強いと言われている箱根大神を祀っています。なので勝負運や金運、仕事運などのご利益は期待できそうです。
勝負運や、金運以外にも末社やご神木のご利益も含め家内安全、心願成就など多岐に渡るご利益がある神社とも言われています。

そして箱根神社には強い力のパワースポットがあると言われています。一部だけご紹介します。

<パワースポットのご紹介>

・水中鳥居
水中鳥居の「平和の鳥居」は、湖からの風が吹き上げるパワースポットです。いざ目の前にすると、想像以上の存在感と漲るパワーに圧倒されます。是非、立ち寄ってみて下さい。

・安産杉
境内には安産杉と言われる杉があり、子孫繁栄や子授け安産にご利益があるとされています。源頼朝が安産を祈願し無事に子が誕生したという話があり、この風習が広まったと言われています。是非、ご神木からパワーをもらいましょう。

【御朱印】

次に箱根神社の、御朱印の料金、頂ける場所、時間についてご紹介していきます。

御朱印代:300円、200円(箱根七福神)
場所:お札所(駐車場横の石段下)
時間:午前8時30分〜午後5時

箱根神社の御朱印は3種類頂くことができます。3種類とは箱根神社の御朱印と境内に新宮がある九頭龍神社の御朱印、箱根七福神の御朱印です。

箱根神社にはオリジナル御神印帳があり、表紙に箱根神社御社殿、裏表紙に富士山と芦ノ湖、平和の鳥居が織り込まれています。初穂料 は1,500円です。

【終わりに】

今回は箱根神社の「お焚き上げ」「ご利益」「御朱印」についてご紹介させていただきました。

<この記事のまとめ>

・お焚き上げはお守りやお札のみで納札所にて引き取ってもらえる
・ご利益は勝負運、金運、仕事運、家内安全、心願成就、子孫繁栄、子授け安産
・御朱印で受付は午前8時30分〜午後5時で3種類の御朱印を頂くことができる

箱根神社は、芦ノ湖の朱の鳥居が印象的な素晴らしい自然に抱かれた神社で利益がすごい!と言われているパワースポットでもあります。是非一度パワーをもらいに行ってみてはいかがでしょうか?

最後まで読んでいただきありがとうございました。

<箱根神社へのアクセス>

・電車を利用の場合
箱根登山線箱根湯本駅から伊豆箱根バス「元箱根」もしくは箱根登山バスで「元箱根港」
元箱根、元箱根港からは徒歩10分

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です