吹奏楽部あるある体験 サックスとネタと面白いこと

娘が中学の部活を決めてきました。

吹奏楽部です。
仮入部の期間、いろいろな楽器を体験してみて結局希望どうりアルトサックスになりました。
アルトサックスは木管楽器です。

今年の新入部員は木管楽器の希望者がとても多く(年によっては金管楽器の希望者の多い年もある)、最後までアルトサックスになれるかどうかわかりませんでした。
でも、最後は希望どうりのアルトサックスになれたので良かったです。
アルトサックスといえば、コナンのテーマ曲が有名ですよね。

娘もアルトサックスでコナンのテーマを吹いてみたいとのことでした。

吹奏楽部あるある体験

まず、親としてはどれくらい年間で部活の費用がかかるかが気になるところ。

行ってきました!
部活の保護者会!
そこで、1年間のスケジュールやかかる費用について教わってきました。

娘は公立なのでまず、楽器は買わなくても貸し出ししてもらい練習ができること、年間で8000円の部費がかかることを告げられました。
楽器を買わなければいけなかったら、それこそすごいお金がかかるのでこれは朗報でした。
部費は、講師の先生をお呼びするのの費用に充てるとのことです。

市から講師の先生に3000円支払われるそうなのですが(1回講習に来てもらうと)、あと3000円部費から出して講師の先生には6000円で来てもらってみてもらうそうです。
それに、リード代も買えば1万円かかるけど、自分の専用のリードが欲しい場合でなければ学校のを使ってもよいとのことでした。
ただ、教本代が1800円ほどかかりますがこれは仕方ないですね。

楽譜台は買えば3800円かかりますがこれも卒業生が寄付してくれたのがあるそうなので買わなくてもよし。
楽譜を入れるファイルが必要とのことでした。(色の指定があり黒)

だから、始めにかかる費用は部費8000円と教本代1800円と楽譜を入れるファイル(500円くらい??)でした。
やっぱり、公立に行かせてよかった!

あと、他にもかかる費用が年間であるかもしれないけどネットで安いのとかかってもらって構わないとのことでした。

吹奏楽部あるある体験 アルトサックス

アルトサックスは女の子でも吹きやすい木管楽器で娘は入部してから中間テスト前までは学校から貸し出してもらってきてました。
友達と待ち合わせて公園で練習していたそうです。
(うちでは近所迷惑になるので吹けない)

しばらくは唇が乾燥しやすかったみたいでリップクリームが必要でした。
何しろ、希望どうりのアルトサックスになれたのは良かったし練習にも精がでるみたいでした。

あと、市の講習会が初心者向けに行われるそうでこれは、1年生は全員参加。
でも、1回1000円という安さ。
それで、いろいろなアドバイスを受けられるそうでいいですね。

1か月に1度くらいのペースであります。

吹奏楽部あるある体験 面白いこと

吹奏楽部で面白かったのは部活担当の先生が美人で可愛くて若いことです。

何で、音楽やる女性の先生って美人が多いんでしょうね。
もう一人準担当の先生がいましたがその先生は普通のおばさん的な感じでした。

あと、重い楽器を運ぶのに大会の時などは市がトラックを出してくれるそうですが小さな講習会の時はトラックが出ずに親の有志で車を出して楽器を運ぶそうです。
子供たちは先生が引率していくそうです。
交通費は大会の時は市が出してくれて他の時は自費だそうです。

吹奏楽部あるある体験 ネタ

ネタとしては娘が入学した時に運動服を買ったのですがその時に取り違えられてしまって、男の子の名前入りの体操服が届いていて交換してもらいました。
そうしたら、なんと、その男の子も吹奏楽部!

娘と漫画だったら恋が始まるね!
と言っていたのですがまあ、友達でいいとのことでした。
そんな感じでなんだか楽しそうな吹奏楽部・・・。

いいなあ・・・。嬉

まとめ

私は中学の時美術部でそんなに熱心に活動してなかったのですが、娘の吹奏楽部では結構活動頻度が高そうです。

水曜日日曜日以外は練習がありますし、「青春を体験してみたい」と言っていた娘にはぴったりな部活なんではないでしょうか。
友達も仲の良いこと入部できて楽しそうです。

ただ、保護者が駆り出される場面がたまにあるみたいでそれは致し方ないのかなあという感想です。
まさに、せ・い・しゅ・んですね。

楽しんでやってもらいたいなと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です