ヘアドネーションとは?長さは31センチから東京以外でも子供でもOK

皆さん、髪の毛っていつもどうやってカットしてますか?

私はめんどくさがり屋なので近所の美容室で簡単カットですませてしまってます。

六本木や青山の美容院でカットすれば

もっと最新の髪型にしてくれると思っても近所の美容室がやめられません。

そんなとき、ヘアードネーションという制度を見つけて、びっくりしちゃいました。

ヘアドネーションとは?なんだろう?

ヘアードネーションとは、がんや不慮の事故で髪の毛をなくしてしまった

18歳以下の子供たちに無償で自分の髪を提供する

ボランティアです。

経験や資格などは必要なくてただ、自分の髪の長さが31センチ以上あればできます。

うそー。そんな人助けがあったのね~と

初めて聞いたときは驚きと感動でした。

だって、自分の伸びている髪が人様の役に立つなんてそれだけでもすごくないですか。

知らない人も多いのでもっとひろめたいです。

ヘアドネーションは東京だけ?

聞いた人は、東京とか栄えた街でしかやってないかと思う人もいるかもしれませんが

地方でもやっているし自分で髪を切って直接送ることもできます。

そのためには、賛同美容室を探さないといけないのですが

ホームページで検索すると賛同美容室が見つかるので

見つけてみてくださいね。

美容室によってはカット代を割引してくれたりプレゼントをくれるところもあるみたいです。

私は短かったのでできませんでした。

ヘアドネーションはこどもでもOK?

子供でもできますし長ければ長いほど活用用途が広がるそうです。

うちの小5の娘が興味を持ったので

これはボランティアをさせるチャンスと思い

近所の賛同美容室に行きました。

美容師さんも優しくカット代の割引もありその後のカットも上手にやってくれたので

娘も満足したようです。

7歳の七五三は自分の髪でアップにしたいと伸ばしていて、そのあとはどうしようかなと

思っていたのでちょうどタイミングもよかったです。

くせ毛やカラーをしていてもOKだそうで白髪もOKとのこと。

娘の髪の毛が誰かの役に立つと思うと親としても満足感ありました。

ボランティアってなかなかするチャンスってないけど

こういうかかわり方もありなんだなあと思いました。

ヘアドネーションを待っている患者さんも200人越えるみたいで

全国に広まるといいですね。

ただ、やっている団体がNPO法人で小さいところなので昔よりは広まったけど

まだまだみたいです。

去年は、自由研究にヘアードネーションをという動きもあったそうで

お子様の夏休み体験にもなっていいのではないでしょうか。

ロングを希望される患者さんも多いそうで長ければ長いほどいいみたいです。

まとめ

女の子は、髪の毛って大事ですよね。

その希望を叶えてあげられるせいどなので

私も髪伸ばそうかなあ。

立派な社会貢献活動のひとつになるので子供にも体験させてあげたいですよね。

女性だけかと思ったら、男性も国籍も問わずできるそうなので

やれるかたはどうぞ。

患者さんは女性だけでなく男性も含まれるそうです。

髪の毛だけでなく募金などで貢献する形もあるそうです。

https://jhdac.org/index.html

が、NPO法人のホームページになっているので検索してみてくださいね。

もしかしたら、あなたのその一髪が人様のお役に立つかも・・・。

女性だったら二年くらい伸ばせば31センチにはなりますよね。

この話を書いていると若草物語の次女のジョーが家族のために自慢のロングヘアーを売ってしまうシーンを思い出します。

家族のためでなく知らない人のために・・・・。

最後にやった娘の感想は!

「人の役に立ててよかった。美容師さんがやさしかった」

とのことです!

娘にやってもらったお母さんの感想は!

「娘が人様の役に立つ年齢になってくれてうれしい!いい体験をしてもらった!」

です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です