東京三菱UFJキャッシュカード忘れた・紛失・再発行の場合について

東京三菱UFJキャッシュカード
東京三菱UFJ銀行やコンビニATMで利用できるICチップ搭載のキャッシュカードです。
カードタイプが2種類あり、一つは「コンビタイプ」です。
ICチップ・磁気ストライプの両方で取引ができるタイプのカードです。1日あたりの「ATM利用限度額」を設定することができます。
もう一つは「セキュリティタイプ」です。
ICチップのみの取引でセキュリティを重視されたタイプのカードです。ATM・サービスがコンビタイプに比べて限定されます。
忘れてしまった場合や、紛失した際の手順についてご説明します。

◎東京三菱UFJキャッシュカードを忘れた場合

ATMでの取引でお金を引き出したい時、キャッシュカードがないと利用できません。
その場合、窓口での引き出しとなります。
通帳と印鑑が必要になるので急いでいるときはキャッシュカードを忘れないようにしましょう。

◎東京三菱UFJキャッシュカードを紛失した場合

第三者による不正利用防止のため、カードの停止措置をすぐに取りましょう。
かんたん手続アプリが登場しました。来店しなくても利用停止の措置をとることができます。
便利なので、ぜひダウンロードしてください。
AppStoreの場合
→https://apps.apple.com/jp/app/id1355552990
GooglePlayの場合
→https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.mufg.bk.tetsuduki.app
ダウンロード後の作業
→メニュー選択「なくした(紛失・盗難等)」を選択
→店番・口座番号・利用停止したいキャッシュカード(または通帳)を選択
→利用停止完了
所要時間は約1分程度です。続いて、再発行の手続きに進みます。次の「再発行について」をご覧ください。

◎東京三菱UFJキャッシュカードの再発行について

2019年10月1日(火)から、かんたん手続アプリによってキャッシュカード・通帳の再発行手数料が改定されました。
通常、窓口や電話で再発行申込みした場合は、1枚につき1,100円(税込み)のところ、かんたん手続アプリからだと1枚につき550円(税込み)と半額でできます。
スマートフォンを持っていれば、かんたん手続アプリですぐに利用停止と再発行手続きが可能です。
利用停止は約1分で完了です。
かんたん手続アプリで24時間365日(毎月第2土曜日21:00~翌朝7:00を除く)いつでも、来店しなくて停止させることができます。
そして再発行の手続きは約2分で完了できます。また、後日でも可能です。
申込後は、届出住所地に1週間~10日程度で転送不要扱いの簡易書留で届きます。
アプリで手続きができる対象者の条件はこちらです。
・個人または個人事業主
・日本国内に居住
・店番と口座番号が分かること
<対象の科目>
・普通預金
・貯蓄預金

◎終わりに

東京三菱UFJ銀行カードについて紛失したときや再発行の手順についてご説明しました。
かんたん手続アプリの登場で、すぐに利用停止と再発行手続きが同時に行えることはとても便利ですね。
東京三菱UFJ銀行では、希望すると身体認証(バイオメトリクス)といって手のひらの静脈認証を登録することもできます。
専用装置に手のひらをかざすだけで本人確認ができるので、キャッシュカードや通帳の不正利用を防ぎます。
セキュリティの面でもしっかりしているので、アプリと身体認証のダブルで登録しておくとさらに安心ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です