洗濯乾燥機NA-VX9900の性能と日立BD-SX110CLと東芝 TW-127X7L比較と口コミ

洗濯、好きですか?

私はまわすのは夫がやってくれて干してたたむのは私がやっています。

最近は、洗濯機機能に乾燥機が付いたものが発売されていて私も欲しいです!

乾かす機能がついていれば干す手間が省けて仕事が共働きの我が家にはぴったりです。

そういうご家庭も多いかと思い性能と比較と口コミを探してきました!

今回はパナソニックのななめドラム式洗濯乾燥機「NA-VX9900」を取り上げます。
2018年10月に発売されており、洗濯を楽に行いたい主婦の方などに好評です。

パナソニックNA-VX9900洗濯乾燥機の性能について

パナソニックでは、ななめドラム式洗濯乾燥機(VXシリーズ、Cubleシリーズ)で4機種、タテ型洗濯機7機種を品揃えしています。

ここでは、「NA-VX9900」の製品特長と機能、製品スペックを示しました。
また、生活スタイルに合わせ、様々な洗濯コースが選べますが、その一覧も示しました。

<製品特長と機能>

スマホで洗濯 スマートフォンアプリと連携し、外出先からも洗濯の仕上がり時間の設定や変更が可能に。帰宅したら取り出してたたむだけ、ということも可能。
操作できるコースは洗濯時 14コース。時間がかかる「温水つけおき」コース等も選べ、さらに効率よく洗濯がでる。
ナノイーX、花粉を抑制 コートや帽子など水洗いが難しいアイテムを「ナノイー X」でお手入れ。花粉ケア、除菌・消臭が可能。がんこな皮脂汚れの前処理ができる「プレ洗浄」コース、ドラム内の洗濯物のニオイを抑制する「洗濯かごモード」も搭載。
温水泡洗浄W 温水の洗浄力と泡の浸透力で嫌なニオイや黄ばみも解決。おしゃれ着もスッキリ洗える。約40 ℃おしゃれ着コースで、白物おしゃれ着の黄ばみ予防。
泡洗浄W 洗剤の力を引き出し繊維の奥の汚れに有効。泡立ち具合は、衣類の量や汚れの程度、洗剤、水温によって異なる
自動お手入れ 洗濯するたび自動お手入れ。槽の黒カビ発生を抑える。
新乾燥フィルター
新排水フィルター
乾燥フィルター
/乾燥時に出る糸くずをキャッチ。新デザインでたまった糸くずがサッと取れるようになった。メッシュ部は丈夫で清潔感のあるステンレス採用。
排水フィルター
/洗濯時に出る糸くずをキャッチ。新形状で、お掃除しやすくなった。
選べるコース 泥汚れもおしゃれ着、汚れや衣類に合わせて、コースが選べる。
しっかりすすぎたい方向け「パワフル滝すすぎ」コースを新搭載。
毛布コース洗濯容量6 kg。薄手のシングル毛布4枚がまとめて洗える。
カラータッチパネル採用 タッチで選ぶだけ。わかりやすくて使いやすい操作パネル。
エコナビ センサーを駆使してエコ運転。自動で節電・時短。
ヒートポンプ乾燥 低温+除湿でふんわり仕上げ。ダニバスターコースも搭載。

<製品スペック>

 

洗濯・脱水容量 11kg
乾燥容量 6kg
標準使用水量 定格洗濯時:約78L,定格洗濯乾燥時:約55L(乾燥:0L)
消費電力 電動機:約230W、湯沸かし用電熱装置:約1000W
最大/洗濯時:約1190W、乾燥時:約850W
消費電力量 定格洗濯時約:68Wh
定格洗濯乾燥時(標準乾燥モード):約890Wh
定格洗濯乾燥時(省エネ乾燥モード):約620Wh
目安時間 定格洗濯時:約32分
定格洗濯乾燥時(標準乾燥モード):約98分
定格洗濯乾燥時(省エネ乾燥モード):約165分
本体寸法 (幅×高さ×奥行)約 600×1009×722mm
洗浄方式 スピンダンシング洗浄、ジェットバブル浸透ジェットシャワー
乾燥方式 ヒートポンプ方式、エコヒートポンプエンジン
その他付属機能 カラータッチパネル、IoT機能、液体洗剤・柔軟剤自動投入、ジェットほぐし、温水機能、15℃洗浄モード、洗濯かごモード、ナノイーX、エコナビ、除菌乾燥
ジェット乾燥(ふんわりジェット)、バスポンプ、自動槽洗浄、カビクリーンタンク
熱交換器洗浄,スパイラルドラム、ステンレス槽、3D見張りセンサー、予約タイマー
毛布洗い(洗・乾3.0kg以下、洗濯6.0kg以下)、ふとん洗い(洗濯1.0kg以下)
乾燥フィルター(ステンレス)、糸くずフィルター、バスポンプ 内蔵、ロック機構
抗菌ハンドル、Ag成分:バッフル・バックフィルタ-
排水ホース取り出し:左・右・後方 3方向+真下(伸縮式)
対応防水フロアー:奥行(内寸)540mm以上、待機電力ゼロ

<コース>

洗濯 おまかせ、おまかせ+プレ洗浄、わたし流プラス、パワフル滝すすぎ(新)
ナイト、どろんこ、約40℃おまかせ、約40℃つけおき、約40℃おしゃれ着(新)
約40℃においスッキリ、個別洗濯、約60℃除菌、約30℃おしゃれ着
おうちクリ-ニング,毛布(サイズ、6kgまで)、ダニバスタ-、槽洗浄
約30℃槽洗浄、すすぎ1回(わたし流プラスのみ)
乾燥 おまかせ、わたし流プラス、省エネ、ナイト、ソフト乾燥、毛布(サイズ、3kgまで)
槽乾燥
洗乾 おまかせ、おまかせ+プレ洗浄、わたし流プラス、パワフル滝すすぎ(新)、省エネ
ナイト、どろんこ、約40℃おまかせ、約40℃つけおき、約40℃においスッキリ
個別洗濯、約60℃除菌、化繊60分、毛布(サイズ、3kgまで)、ダニバスタ-
ナノイー プレ洗浄,花粉ケア、除菌・消臭

パナソニックNA-VX9900洗濯乾燥機の製品比較について

ななめドラム式洗濯機は、洗濯から乾燥まで全てやってくれ便利ですが、反面、高額なので、買ってからの後悔は絶対したくないもの。

ドラム式洗濯機はメーカーによる違いはあるのでしょうか。ここでは、ドラム式洗濯機の人気の3メーカーの製品比較をご紹介します。

 

パナソニックNA-VX9900 日立BD-SX110C 東芝TW-127X7L
洗濯容量 11kg 11kg 11kg
乾燥容量 6kg 6kg 6kg
使用水量
(洗濯/洗濯〜乾燥)
78L/55L 78L/53L 75L/61L
洗剤自動投入 あり あり なし
洗濯槽自動お掃除 あり あり あり
価格例(2019年7月) ¥257,178 ¥165,800 ¥188,999
洗濯の主な特長 泡洗浄W、温水泡洗浄W AIお洗濯
ナイアガラ洗浄
ウルトラファインバブル洗浄
主なおすすめの人 ⦁ 洗剤をはかりたくない
⦁ 衣類に合わせて洗いたい
⦁ 出来るだけ早く乾燥まで終わらせたい
⦁ 簡単に洗濯をしたい
⦁ 洗濯物を綺麗に乾かしたい
⦁ お手入れ簡単なものがいい
⦁ 時間ぴったりに終わらせたい
⦁ 音が静かなものがいい
⦁ 深夜・早朝に洗濯をする
運転音
(洗い・脱水・乾燥)
32/41/46db 34/37/48db 32/38/42db

 

比較してみると、どのメーカーも高い性能を持っており、さほど能力に差はみられません。

このため、使用する人がどういった点にメリットを感じるかで選ぶ製品が変わるといえます。

主な特長を比較すると、例えば、乾燥に関しては日立が1番綺麗に仕上がるようです。

洗剤の自動投入とAIお洗濯で、ボタンを押すだけで洗濯が終わるという、忙しい方やズボラさんには、日立は嬉しい洗濯機です。

洗剤の自動投入やこだわりの洗濯コースなど細かい部分もさすがパナソニックと言えます。

東芝に関しては、音に関しては最近はどのメーカーも静かではありますが、振動吸収クッションを搭載することでそれ以外のドラム式のデメリットを解消しています。

低振動・低騒音は集合住宅の方や夜中のうちに洗濯をしたい方におすすめの内容になっています。

 

 

パナソニックNA-VX9900洗濯乾燥機の口コミについて

ここでは、「NA-VX9900」の主な口コミを挙げました。

悪い口コミ

⦁ Wi‐Fi接続まで遅い。

⦁ ネット接続がなぜかうまくできなかった。

⦁ スマホアプリでできることが限られ、洗濯しかできない。

⦁ スマートホーム系には対応してない。

⦁ タッチパネルが特長なのに、従来型のボタンがある(入、切、スタート、遠隔、戻る)。

⦁ 水温はほぼプリセットの洗濯コースに制限される。

⦁ 電源入ってないとWi‐Fiも切れているので、外出中に洗濯機回しておこうということはできない。

⦁ 試しに1度スマホから洗濯してみたが、スマホに表示される予想終了時間が正確ではなく、かなり余裕を持って長い時間に設定されているように思う。

⦁ 重量が相当あるので、設置業者さんが2階まで持ち上げるのに苦労していた。

⦁ 高価な買い物だったけど、乾燥用フィルターがすぐに破れてしまい、残念。

良い口コミ

⦁ 予約して朝にはたたむだけで、天候にも左右されない。

⦁ スマホ遠隔操作もありがたい。

⦁ 白が無くこの色を買いましたが意外に可愛い。

⦁ 静音性も良い。

⦁ 多機能だが液晶パネルのお陰で使いたい機能が分かりやすくて、非常に相性がいい。

⦁ 洗濯から乾燥までボタンひとつでしっかりしてくれる。

⦁ 夜遅くに帰ってきたときもお隣さんへの迷惑をかけずに使えるところが良い。

⦁ 洗濯時間も短縮されている。

⦁ 乾燥機は、梅雨時に大活躍。

⦁ 静かで、使う水の量も少ないのにびっくり。

⦁ この機種は予算オーバーだったが、洗剤の自動投入が決め手だった。

⦁ 前機種は日立のビックドラム9400からの買い替え。格段に静かになった。幅が狭くなったので、排水溝が見えて掃除がしやすい、前機種は約7年前

なので、格段に進歩している。

⦁ 今まで15万円くらいの洗濯機で乾燥機付きを使っていた。

乾燥機を使用するとタオルはゴワゴワで、洋服のホコリがすごくストレスを感じていて、ほとんど乾燥機を使用するのを避けていた。

乾燥機使用後のタオルのふんわり感に大満足。

ワイシャツの襟の汚れもある程度落としてくれる。

⦁ 購入してよかった。初めてのドラムだが、コスパ最高。マイナス点を探しても見つからない。

⦁ 洗濯から乾燥まで概ね2.5時間程度。乾燥後の仕上がりもシワもほとんど無く非常に満足な仕上がり。

干していた時よりもシワがないくらいな感じ。

⦁ ドラムが大きく、斜めなので腰をあんまりかがめなくてもいい。

⦁ 家の中で、洗濯終了や洗剤の残量が少なくなると知らせてくれる機能は便利。

まとめ

パナソニックの自動洗濯乾燥機はいかかでしたか?

値段が高い分だけあって、性能がかなり良いことが伝わったのではないかと思います。

あなたの洗濯乾燥が少しでも楽になるといいですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です