ドーナッツプラント 卵不使用

ドーナッツプラント。2004年ニューヨークからやってきた、手作りドーナツのお店。

合成着色料、保存料、化学調味料、人口甘味料は一切使わず、また、卵も使っていない。

娘が卵アレルギーだったため、何度もお世話になった。
その頃、ケーキも食べられなかったため、甘いお菓子といえば、ここの、ドーナツだった。
ベーグルもあわせてやっている。

ラズベリーハート、チョコチップナッツ、レアチーズケーキ味、ホワイトチョコ、シュガー、エプリシング、ヴァローナチョコレート、バニラビーンズと、多岐な味にわたるが、ドリンクも用意されている。
ベーカリードーナツと、ケーキドーナツとに分かれる。

ドーナツとコーヒーをオフィスに届けてくれるサービスも行う。
ニューヨークスタイルといったところか。

トランス脂肪酸が含まれてないのも、安全かつ自然素材にこだわっているのだろう。

紅茶やコーヒーも、オーガニック素材のものだという。

一つ一つが、大きくて、食べ応えがある。
一時はいろんなところに、店舗があったが、今は、都内に三店舗のみだそうだ。
ニューヨークからやってきても、甘い話ばかりではなさそうだ。

甘いのだが、自然素材ということで、安心できる。
白金台のイートインスペースは、たくさんあるという。

前は、新宿駅の駅中に売っていて、その場で作って売っていたようだが、今では、閉鎖されてしまった。

ライバル店が多数できてしまったからだという。

ニューヨークではうけたそうだが、日本では、どこまでやれるのか。卵を使ってないから、アレルギーの子供にはありがたいおやつだ。

ドーナツで、卵不使用はなかなかない。

吉祥寺のドーナツプラントは、深夜にしか営業してなかったそうだ。2013年には、24時からの営業だったが、2014年から、22時に、さらに、20時からになった。自然素材を使っているため、できた瞬間から、劣化が始まるため、深夜に作って、できたてを朝にお届けしたいという、会社の意向らしいが、なんともアメリカらしい。

吉祥寺店限定のシュガーというドーナツは、つくりたてに砂糖を付けて、温かい状態のまま売りに出すという。

お客様に喜んでほしいという精神は、全世界共通なのだ。

吉祥寺店は、深夜でも、行列ができているそうだ。

そこまでしても食べたいと思わせるドーナツがそこにある。
大人から、アレルギーの子供まで、みんなが食べたいドーナツ作りという点で、成功しているのではないか。
もっと、日本に定着していくように、応援したいものだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です