コンフィデンスマンJPのロケ地!地中海・マルタ島の魅力とは?

コンフィデンスマンJPのロケ地!地中海・マルタ島の魅力とは?

青い空!青い海!地中海に浮かぶ美しすぎる島国として、毎年たくさんの観光客が訪れる「マルタ島」。

日本では、映画『コンフィデンスマンJP』の最新シリーズ「英雄編」の舞台としても話題になりました。映画に登場する、マルタ島の素敵な景色に見とれた方も多いのではないでしょうか。今回は、そんなマルタ島の魅力をご紹介します!

マルタ島はどこにあるの?

マルタ島の正式な国名は「マルタ共和国」。南ヨーロッパのイタリア・シチリア島から93㎞ほど南に位置しています。

地中海のほぼ真ん中に浮かぶ島国・マルタ共和国は、で、マルタ島、ゴゾ島、コミノ島からなる計3つの島で構成されています。また、国土面積は316平方キロメートルと東京23区の半分ほどの大きさしかありませんが、美しい海に囲まれ、豊かな自然や深い歴史を持つ、魅力あふれる国です。

マルタ島の4つの魅力

日本からマルタ島へ行くには、乗り継ぎ便を利用して15時間半〜21時間ほどかかります。では、日本から時間をかけてでも行ってみたい、知る人ぞ知る「マルタ島」の魅力はどこにあるのでしょうか?

これぞ楽園!青すぎる海

マルタ島の海は、地中海に浮かぶ島だけあって美しいビーチがたくさん点在しており、ヨーロッパ内でも1、2を争うほど青く透き通っています。

中でも「ブルーラグーン」と呼ばれるコミノ島の海は、地中海一と謳われているほど透明度が高く、「宙に浮かぶ船」で有名なスポットです。忙しい都会の喧騒からエスケープして、ありのままの自分で楽しめるブルーラグーンはまさに「地上の楽園」です!

治安がよく、温暖な気候で過ごしやすい

マルタ島はヨーロッパの中でも犯罪率が低く、治安が良いことでも知られています。 また、年間を通して温暖な気候で年間300日が晴天という過ごしやすい気候も魅力の一つです。ビーチを訪れたり、観光したりするには最高の環境といえるでしょう。

街全体が世界遺産の首都・ヴァレッタ

マルタ島の首都「ヴァレッタ」は、街全体が世界遺産に登録されており、歴史に彩られた街並みが今でも保たれています。歴史的な建造物が多く残された街並み、味わいのある路地やカラフルな出窓を眺めながらの散策はとても魅力的です。さらに、16世紀に聖ヨハネ騎士団によって建設された大聖堂は、入った瞬間に壮観な光景が広がっています。

語学留学に最適

マルタ島 言語は、公用語として「マルタ語」と「英語」が使用されています。そのため、近年は数ある留学先の中でも人気急上昇中なんです。

ヨーロッパの中でも、マルタ 留学は比較的費用が安く抑えられることや、90日以内の留学であれば観光ビザで滞在できることもあって短期留学にピッタリです。

最後に

長澤まさみさんや東出昌大さんも訪れ、映画『コンフィデンスマンJP 英雄編』のロケ地となったマルタ島には、ここでは紹介しきれない魅力がまだまだたくさんあります!まだ映画を見ていない方は、ぜひ映画でもマルタ島の素敵な景色をチェックしてみてくださいね!