ダイエースーパーの特徴とWAONカードについて

ダイエースーパーの特徴とポイントカードについて

ダイエー鴨居店は神奈川県横浜市緑区にあるスーパーマーケットです。

J R横浜線鴨居駅からほど近くにあるこちらのお店は1階と2階が食料品売り場となっており、3階は衣料品と100円均一ショップ・セリア、4階はパシオスという紳士・婦人・子供服を扱うテナントが入っています。

食品売り場が2つに別れていため、欲しい商品がたくさんあったり、買い忘れをした時に不便に感じることもありますが、その分売り場は広くなっているので品揃えも充分です。
今回はそんなダイエー鴨居店で利用できるポイント制度について紹介したいと思います。

カードの種類と店舗情報

ダイエーはイオンの傘下に入っているため、イオンで利用できるW A O Nポイントをダイエーでも利用することができます。

W A O Nカードには複数種類ありますが、ただのポイントカードW A O Nポイントカードと電子マネー機能がついたW A O Nの大きく二つに分けられます。

さらに電子マネー機能付きのW A O Nには、会員登録が必要なものと不要なものの二つに分けられます。

W A O Nポイントカードと会員登録不要な電子マネー付きW A O Nは200円の買い物ごとに1W A O Nポイントが、会員登録が必要なW A O Nカードは200円の買い物ごとに付与される1W A O Nポイントに加え、月間累計利用金額500円毎に1WA O Nポイントが追加で付与されます。

付与された1W A ONポイントは1円として買い物に利用することができます。
ちょっと複雑ですが、ダイエーでのお買い物に際してポイントを効率的に貯めたいのであれば、迷うことなく会員登録する電子マネー機能付きWA O N一択と言えるでしょう。

とはいえ、会員登録不要のW A O Nポイントカードは電子マネー機能がついてなくてもついていてもその還元率は0.5%、会員登録が必要な電子マネー機能付きのW A O NポイントカードはM A X0.6%とそれほど大きな差はありません。

なお、いずれのポイントカードも入会金や年会費は一切不要です。

カードを忘れた場合どうなるか

もしお買い物をする時にW A O Nポイントカードを忘れてしまった場合、その会計の時に付くはずだったポイントはどうなってしまうのでしょうか?

残念ながらポイントカードを忘れてしまった場合、また精算後にポイントカードを提示した場合、その会計時につくはずだったポイントをつけてもらうことはできません。

これはW A O Nポイントについて記載されたホームページにしっかりと記載されています。ですから、ダイエーで買い物する場合、ポイントカードを忘れずに持っていきましょう。

カードをなくした場合どうなるか

W A O Nポイントカードをなくしてしまった場合、どのカードであっても不正利用を防ぐために停止処理が必要となります。
なくしてしまったことに気がついたら、すぐにコールセンターへ連絡して手続きをしましょう。

W A O Nポイントカードは、無料で再発行することができます。

電子マネー付きWA O Nカードにチャージされていたお金とポイントは新しいカードへ引き継ぐことができますが、ポイントに関しては有効期限がありますから、手続き早く行った方が良いでしょう。
なお、新しいポイントカードを受け取るためには、W A O Nステーション、もしくはW A O Nネットステーションでの手続きが必要になります。

まとめ

今回はダイエー鴨居店を含め、ダイエーで利用できるポイントW A O Nポイントについて紹介してきました。
ダイエーはイオングループの傘下に入ったため、イオングループのポイントサービスW A O Nを利用することができるのです。

W A O Nはイオングループが提供するポイントカードということで複数種類が展開されていますが、ポイントをより効率的に貯めたいのであれば会員登録が必要な電子マネー付きW A O Nポイントカードがお勧めです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です