自転車保険義務化東京都は?自賠責保険示談交渉サービス付きおすすめ

みなさんこんにちは!

自転車保険、最近は自転車による交通事故も増えていることから全国で義務化される動きが出ています。

東京都の場合はどうなんでしょうか?

自賠責保険はどういったものかまた、自賠責保険のおすすめも後半に乗せているのでどうぞお読みください。

自転車保険義務化東京都は?

ひとたび事故が起きると人身事故の場合、その補償は9000万とかものすごい金額が賠償責任になる自転車事故。

そのため、全国で自転車保険の義務化がすすんでいます。

京都市は平成30年4月1日から京都市内で自転車に乗る全ての人に対して自転車保険の加入を義務化してます。

近隣の埼玉県でも平成30年4月1日から自転車事故を起こした際の被害者救済や加害者の経済負担の軽減を図るため、自転車損害保険等への加入の義務付けを行ってます。

東京都ではどうなんでしょうか。

東京都ではまだ、義務化はされていません。

努力義務の条例があるのみです。

でも、全国のこういった動きから近いうちに義務化される可能性は高いです。

義務化されると今まではいっていなかった人たちが自転車保険に入らなければならなくなりますがどういったのに入ったらいいのでしょうか。

しらない人も多いですよね。

自賠責保険示談サービス付きがいいの?

どういった保険がおすすめかと言いますと自賠責保険の付いた保険がおすすめです。

事故にあったときに自分のけがを補償してもらうことももちろんです。

でも、相手を傷つけたり死なせてしまった場合には莫大な補償金がかかってきてしまいます。

なので、相手に対して最低でも一億はついた自賠責保険に入るのがおすすめです。

自賠責保険は保険に入った本人のみでなく、夫婦や家族も保障してくれる場合も多く値段もそんなには高くないです。

その中でも示談サービスの付いた保険は何かと安心ですよね。

事故にあったときに相手と交渉してくれるサービスです。

事故に合ったら、なるべくなら相手と顔を合わせたくないですよね。

でも、弁護士に頼むとなると費用もかさむ。

そこで、便利なのが示談サービス付きの保険です。

自分のほうのけがは貯金があればなんとかなります。

でも、相手に何かしてしまった場合は一生かけても払えないくらいの損害を被ることがあります。

そういった事態に備えて自賠責保険は入っておいたほうがいいです。

義務化の背景には自賠責保険に入ってなくて損害を被った事故の多発もあげられています。

自転車保険自賠責保険示談サービス付きおすすめは?おすすめ三選

オススメ三選
〇au損保

個人360円
夫婦610円             個人賠償責任2億補償
家族740円(いずれも月払い)

〇損保ジャパン日本興亜

個人2630円
家族4380円(いずれも年払い)   個人賠償責任1億円

〇三井住友海上

個人7230円
夫婦9980円
家族13980円(いずれも年払い)  個人賠償責任3億円

などがあげられます。

共済は安そうでも月1200円ほどで補償も1億と損害保険会社のほうがお得でした!

いずれも示談サービス付きです。

どれを見ても、一生背負う賠償に比べたらはるかに安い保険料と言えるのではないでしょうか。

まとめ

東京都でもいずれは義務化される(であろう)自転車保険。

いかがでしたか?

今から入っておけば義務化された時も安心ですよね。

もし、大切な命を奪うことになってしまったら…相手の人生も変わってしまうし自分の人生も変わってしまう。

最低限、お金だけで済むことはお金で済ませたい。

きっと、誰もが思うことではないでしょうか。

最悪は考えたくないけど最悪を考えて行動したほうがいい。

わかっているんですよね。

みんな。

でも、めんどくさかったり先延ばしにしてしまったり・・・。

義務化されたらみんな入らなくてはいけなくなります。

その時に備えて、知識だけはもっておくと安心ですよね。

自転車に子供を乗せる場合後ろで寝る時とカバーはどうする?

https://hikkymama147841.com/863.html

自転車の子供乗せ前の場合ヘルメットと防寒はどうする?

https://hikkymama147841.com/893.html

自転車子供乗せいつからいつまで?安全性は?

https://hikkymama147841.com/1014.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です