税理士事務所の仕事きつい?大変?

みなさんこんにちは!

hikkymamaです。

今日は税理士事務所の仕事はきついかどうか、大変かどうかについてみていきたいと思います。

私のいた事務所は比較的マイペースに仕事ができてきついかきつくないかと言ったらきつくなかったと思います。

ここでは、一般的な税理士事務所についてみていきましょう。

税理士事務所の仕事はきつい?

税理士事務所の仕事は企業の経理とは違った業務と言えるでしょう。

会計という点では一緒ですが内容や雰囲気も一味違ったものになります。

具体的には所長の判断一つで物事が決まってしまうことから所長のカラーが事務所のカラーとなります。

また、企業経理よりもより職人に近い形で働くことになるでしょう。

試験勉強をしている人も多いことから仕事との両立で悩む人も多いはず。

特に企業の決算の時期と確定申告の時期はかなり忙しくなることから勉強との両立ができないと悩む人もたくさんいるはずです。

年収は、パートで800円から1000円くらい(無資格の場合)

資格があればそれに応じてあがっていきます。

また、正職員は税理士補助10年くらいで350万から400万は年収が狙えるでしょう。

専門職になることから賃金も普通に働くよりも高くなります。

資格はあったほうが良くてたいていの募集が簿記二級以上からになります。

仕事はきついかどうかと言えばきついし、そうでないと言えばそうですし、その人次第と言えます。

なぜなら、その人の置かれている環境も目指しているものも人それぞれでこれといった基準はないからです。

ただ、確定申告時期の決算時期の忙しさは半端ないとは言えます。

具体的には残業が9時10時までかかることがざらでそれが一か月はあるでしょう。

その時に自分が勉強と両立させるには本当にその事務所にいるべきか悩む人も多いと聞きます。

税理士事務所は仕事大変?

きついと感じるかはその人次第と書きましたが大変かどうかもその人次第ですが専門職という意味で仕事を覚えるまでは大変とは言えます。

私の企業経理と会計事務所の違いと言えば感じたことは、企業経理はあくまでOLで社員という箱に入った形の働き方です。

会計事務所は職員という職人気質の大工とかそういった世界と一緒です。

会計事務所はお金をもらって奉公して所長に仕事を習う…といった感じでしょうか。

より、修行の世界に近いとも言えます。

それを、将来開業する時のためと割り切る税理士資格を目指している方や税理士補助を極めるとか。

パートでいいから楽なところを探したいと思っている方。

その方によって求めるものは違うと思います。

基本的に残業はパートの人にはないですしね。

とにかく経験がものをいう世界なので経験が高いことにこしたことはないでしょう。

企業経験とかも仕訳とか役に立つこともいっぱいあるはずですよ。

経験を積めばどこの事務所でもやっていけることになるわけですからまずは、腰を落ち着けて経験を積むんだ!と割り切ってもいいかもしれま

せん。

ミスをすれば怒られることもあるかもしれませんがいちいちへこまないように気持ちの切り替えをうまくやったらいいと思います。

決算時期には怒鳴りあいになる事務所もあるとか。

そういった事務所ではメンタル面が強くないとかなりのダメージを食らうこともあるかもしれません。

勉強をさせないために毎日9時まで残業させる事務所とかブラックな事務所は確かに存在しています。

いきなり大手のホワイト企業にはなかなか入れないでしょうからなるべく働きやすい事務所を探すのもいいかもしれません。

まとめ

税理士事務所の仕事がきついかどうかは本人次第と書きましたが自分がどんなレベルにあるかと見極めるために転職エージェントを利用するの

も一つの手ですよ。

相談してみて業界に合っているかどうか、認識は甘くないかどうかなど調査するのも大切です。

そして、もし合わないと思ったら早めに見切りをつけることも大切です。

別の道があっているかもしれませんから。

それはあなたにしかわからないことです。

私も二級までは取りましたが税理士試験は合わないと思ってあきらめました。

でも、取ったことは後悔していないし今、自営業みたいな形になってもとったことは活きているので活かせる道は必ずあります。

必要以上に恐れずに前に進むこと大事です。

あなたの将来に税理士事務所が役に立ちますように。

あなたの今後の発展を祈念してこの記事を終えたいと思います。

hikkymamaは応援しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です