経理自己PR例文

みなさんこんにちは!

今日は、引き続き経理の就職の場合の自己PR例文についてです。

経理の就職の場合自己PRはどんなふうに書いたらいいのか具体的な例を添えて説明していきますね。

参考にしてもらったら幸いです。

経理自己PR文について

経理の自己PRの場合、簿記を持っているといないとではえらい違うことになると思うんです。

たとえ3級でもとにかく持っていれば、立場として強く出れる要素があります。

3級は通信教育で3か月くらい勉強すれば取れるものですからとっておくのをおすすめします。

3か月で将来変わるなら頑張れると思いませんか?

もし、どうしても未経験でPRしたいなら少なくとも今簿記の勉強中であることはPRしておいたほうがいいと思います。

企業側も全く何もやらなくてただ、経理をやりたいっていう人よりもちゃんと勉強していますよっていう人のほうが使えると思ってくれますからね。

いや、本当に経理をやりたかったら、やっぱり簿記の勉強すると思うし知識として本買ったりとか漠然と経理したいって言ってても説得力がないのではないでしょうか。

簿記の勉強は後から…と言っても同時にやっているほうが強いし本当にやる気あるのかと企業側に思われてしまっても困りますよね。

実務と勉強は同時に進めていくのがおすすめです。

では、志望動機の書き方ですが・・・

未経験の場合

今、簿記〇級の勉強をしている。ぜひ、御社で勉強させてもらいながら更なる知識を付けて御社に貢献できるようになりたい。

なんでもやりますからよろしくお願いします。

と、謙虚に勉強していなおかつ実務も身につけたいことをアピール!

自分の言葉で書いてみてください。

未経験者(資格を持っている)の場合

私は簿記〇級の資格を~か月勉強して取りました。

未経験だけど御社に知識を活かして貢献したいです。

始めは学ばせていただくことになると思いますが学んだあとは御社のお役に立てるように精いっぱい頑張りますのでよろしくお願いします。

と、勉強して資格をとったこととやる気をアピール。

経験者(実務のみ資格なし)の場合

私は〇年企業経理事務を経験してきました。

知識としては簿記〇級のレベルだと思います。

経験を活かして御社のお役に立てるように精いっぱい頑張りますのでよろしくお願いします。

また、入社した後は資格も取っていけるように勉強したいです。

と、経験を活かしてなおかつ勉強もしていきたい旨をアピール。

経験者(資格あり)の場合

私は、企業経理〇年担当してきました。

その間に簿記〇級も取りました。

経験と知識を活かして御社に貢献したいです。

一生懸命頑張りますのでよろしくお願いします。

と、経験と勉強をしてきたことをアピール。

それぞれのレベルに合った文章が考えられると思います。

最近の経理はコンピューターを使うので使ったことのあるソフトは積極的に書きましょう!

私が経理を初めて担当した時は試算表の作成とか知識がほとんどなくてもコンピューターで「ぽち」でできあがりましたからね。

実際実務についてみるとコンピューターが駆使されていて知識として使うのは仕分け程度とかっていうのもよくある話ですよ。

後、難しい仕分けは担当の会計事務所さんに聞いちゃうとか。

担当の会計事務所の人とはできるだけ仲良くなっておきましょう。

まとめ

自己PR文の例文を少し書いてみましたがやはり、自分の思っていることを熱意をもって書くと相手に伝わるものです。

特に、経理の仕事は実務と資格が連動しているものですから積極的に両方身につけられるようにがんばりましょう!

あとは、企業の担当と合うか合わないかですね。

友達なんて「自分の娘に何となく雰囲気が似ていたから」という何とも個人的な理由で採用決まったりしましたから。

これは、運と縁というものがあるでしょう。

あなたにあった会社に巡り合えますように…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です